便秘茶なら腹痛なしで自然にスッキリできますよ♪

お通じの時におなかが痛くなることがありますが、便秘でもひどい腹痛になることがあります。出ればスッキリするのに、冷や汗や吐き気、痛みで苦しく……。便秘が続くと、こんな症状もどんどんひどくなってしまいます。治そうと思って薬を飲んでもかえって痛みが増してしまうことも。こんなどうしようもない状況を招かないためには、上手に便秘を改善し、痛くならずにおなかがスッキリする便秘茶がおすすめです!

 

便秘で腹痛が起きるのはどうして?

腸内に老廃物がたまってしまう

おなかがパンパンに張って触るとカチカチだったり、胸がつかえて食べられなかったりというのは便秘の症状の1つです。老廃物が外に排出されないので、腸内で腐ってたまり、臭い便やガスをためておなかがふくれてしまいます。パンパンの腸が胃を圧迫し、おなか全体がチクチク傷むことも。こんな症状を治すには、たまった便とガスを出してしまうのが一番ですね。薬もありますが、便秘茶を飲むと、便がやわらかくなり、外に出しやすくなりますよ。腸内の老廃物をぜんぶ出すには、いったん食事を減らしたり、断食したりするのも効果的です。じつは、モデルさんで1日断食で腸内をデトックスするという人も多いんですよ。おそらく、頑固な便秘には、便秘茶と断食がいちばん効くと思います。私も、便秘が続いた時は、週末にプチ断食をしています。便秘茶は断食中も水分補給として飲めるので、腸内をキレイにするにはこの方法を試してみて下さい!

 

冷えも便秘の原因?!

意外かもしれませんが、便秘の原因には冷えもあります。体が冷えると腸のはたらきが弱まります。冷えるということは、血行が悪いということなので、内臓が冷えるとはたらきが鈍くなるわけです。腸が冷えると栄養の分解・吸収も弱まるので、せっかく食物繊維や栄養分を摂っても十分に活かせません。マッサージで血行を良くするのは効果的ですが、その前に腸内の詰まりやカチカチを改善しておかないと効果も半減してしまうので、気をつけましょう。

 

便秘茶で腹痛になることもある?

 

便秘茶は、基本的には腸を刺激してお通じをうながします。食物繊維や天然成分も入っていますが、便の詰まりを改善するために強めの成分も含まれているのが普通です。急に飲むと、おなかがびっくりして、腹痛になることもあるんですよ。なので、いきなり便秘茶をたくさん飲んでしまうと強い刺激になって逆効果なので、便秘茶を飲むだけではなく、普段から食事や運動も気をつけておきましょう。それに、便秘茶がないと出ないというのも問題です。便秘は長引くと体のあちこちに悪影響が出てしまうので、早めに生活習慣を見直して、便秘茶を上手に使い、早く治しましょう。

 

便秘と腹痛について■まとめ

 

便秘茶による腹痛は、激痛とまではいかないと思いますが、センナやキャンドルブッシュなどが入っているとかなり強い刺激になります。おなかが弱い人は、成分をチェックしてから購入し、薄めから使い始めると間違いないですよ♪

page top