妊婦でも安全な便秘茶はどれ?

女性の悩みで多いのが便秘です。普段でも悩む人が多いですが、妊娠するともっと出にくくなるものです。ホルモンバランスが変化して、生理前に増えるのと同じ黄体ホルモンが増えるために、便秘や肌荒れが起きやすくなるんです。黄体ホルモンは、早産や流産を防ぐはたらきがあって、子宮の収縮をコントロールする自己防御機能があります。また、赤ちゃんのいる羊水の量を増やすために腸内の水分が使われたり、子宮がふくらむために内臓が下がったりして、便秘の原因が増えていきます。臨月が近くなると、8割以上の妊婦さんが便秘を経験しているそうですよ!おなかが大きいだけでもたいへんなのに便秘まで…。無理におなかに力を入れたりマッサージもできないので、腸のはたらきでスムーズなお通じが理想です。便秘が原因でストレスになると、大腸が活発になりすぎて、コロコロの便しか出なくなることもあるんです。

 

妊娠中は便秘の予防が大切!

 

便秘になって困ることは、おなかがパンパンになって苦しいということもありますが、それよりも、腸内で老廃物が腐敗してガスになることです。妊娠初期の場合、つわりで食事量が減り、水分補給も不足しがちで、体の代謝が低下します。つわりがひどくなると便秘も悪化しますよね。その間に腐敗した老廃物が血液中に取り込まれ、おなかの赤ちゃんへの栄養補給にも悪影響が出てしまうのです。薬が飲めないので、老廃物が排出されるのを待っているだけになりますし、無理に力むと流産のリスクが高まってしまいます。なので、妊娠中は、便秘の予防と改善がいちばん大切です!自然なお通じをうながすには、便秘を解消する成分の入っている便秘茶を試してみて下さい。ただ、妊娠中に飲める成分と飲めない成分があるので、事前にかならずチェックして下さいね!

 

妊婦が飲める便秘茶とは?

 

便秘茶の中でも安心なのは、食物繊維が多いお茶です。ゴボウ茶、黒豆茶などは妊婦でも飲んで大丈夫です。マグネシウムは普通は便秘に効果的な成分なのですが、マグネシウムの多いプーアール茶やマテ茶、杜仲茶などは、カフェインやカテキンも入っています。このような成分は、妊婦に必須の葉酸のはたらきを阻害するのでおすすめできません。お茶は、便秘改善に効果的ですが、それだけに頼るのではなく、適度な運動や水分補給も心がけましょう。最近は、ノンカフェインの便秘茶が出ているので、妊婦でしたらそういうお茶を利用しましょう。あとは、つわりの間は食べられるものが限られますが、できるだけ栄養バランスを良くしましょう。私の先輩に、妊娠中にひどい便秘になって困っていた人がいましたが、便秘茶のほかに、食事でも食物繊維を摂るように気をつけていましたし、運動もなるべくしていましたよ。あまり薬やお茶に頼れない分、普段以上に生活習慣の見直しが必要なんですね。

 

妊婦が飲める便秘茶■まとめ

 

妊娠中に安心して飲めるのは、ゴボウ、黒豆、たんぽぽ茶の3種類になります。たんぽぽ茶は、母乳の出を良くするはたらきもあるんですよ。出産後まで続けられるのでおすすめです♪黒豆やゴボウも良いですが、飲み過ぎるとやはりリスクがあるので、たんぽぽ茶がベストではないでしょうか。便秘茶を使う時は、妊婦でも大丈夫かどうかをしっかり確認してから利用しましょう!

page top